keep on 無我夢中

青春時代をジャニーズと共に過ごし今も抜け出せずにいる

市場三郎当日券に2日連続で並んだ話

4月22日より無事に開始された濱田崇裕主演舞台「市場三郎温泉宿の恋」チケットは友人の名義も借りて何日か申し込んだが、当たったのは5月3日の公演のみという悲しい現実。初日だし♡と仕事のシフト早番希望をだしていたので、行くしかない!とグローブ座に向かった。
初日は着いたのが抽選開始5分前の17時55分。当日券最後列という看板を持ったお兄さんの誘導で迷うことなく整列。ならんで少しすると抽選のための紙を貰い、購入枚数確認。「抽選番号70番までの人が待機だが、チケット購入確約ではない」という案内を数回聞かされながら抽選ボックスへ。ドキドキしながら引くもドキドキも無駄になるほどの番号をひき、帰宅。 
「ジャニショの新写真もでたし、あしたも並ぶか」と訳のわからない理由を着けて23日も再びグローブ座へ。この日は11時35分くらいにグローブ座到着。この時点で列の1/3くらいの所。前日よりも抽選開始が早くサクサク進むが、見事外れる自分。もはや運のなさを恨みたい。仕方ない夜も並ぶか…と意気込み夜は16時30分頃グローブ座へ。この時点で20人くらい並んでたのかな?そこで「抽選ボックスが2つになりました」という案内が。なんたる神対応!と思いつつワクワクしながら引くも、昨日と同じ番号を引く自分。そんなドキドキいらねぇよ!!!と怒りたくなった。

当日券に2日ならんで感じたことは、早く並ぼうが遅く並ぼうが結局は運なんだと。早く並べば早い番号をひく確率は高いけど、自分みたいに両日100番台引く人もいるくらいだから…早めに並ぶことより、日頃から徳を積んでおくことをおすすめしたい。

舞台を観劇した人の感想をみると早く観たくてしょうがないけど、5月3日まで我慢しよう。それまでサーティワンに通いながら思いを馳せることにする。