keep on 無我夢中

青春時代をジャニーズと共に過ごし今も抜け出せずにいる

担降りして初めて体験した3つのこと

ジャニオタを十数年やっていると初めて体験することって余りないだろうと思っていた半年前。それがどうだろうか、潔く担降りして心を解放したら初めて体験することが沢山あった。


1、DVDとBlu-ray同時購入

え?どのDVDを複数購入したかって?そりゃもちろんパリピポさ。基本映像はDVDを購入するため(実家はDVDのみのため)今までBlu-rayは買ったことなかったのに…2枚買っても特典もなにもないのに…どうしても綺麗な映像で濱田崇裕のダンスを見たかった…!!後悔はしていない。can't stopとToxic Loveは毎日観てる。飽きない。


2、DVD一時停止からの巻き戻し

上の内容に付随して、濱田担になってからというもの「あっ!ここのダンス(シーン)止めて観たい!」というのが多くなった。櫻井担の時は自担のダンスがそこまで好きではなかった(重きを置いてなかった)し、ガシガシ踊る系の曲も好きだけどC&Rのある曲で一緒に騒ぐのが大好きだった。
しかし濱田担になった途端、やたらDVDを止めて戻しここの振りがサイコーだよ!と繰返し観ることが増えた。というのもきっと濱ちゃんのダンスを観て堕ちたことが原因だが、完全にオタク化してる自分もある。濱ちゃんはダンスがキライだというが私はその踊り方が大好きだ。


3、ツアーの複数参戦

嵐担のときもNEWSのコンサートも地方公演+首都圏的な組合せで2公演入ることはあっても、それ以上はなかった。のに!!!!まさかのラキセツアー5公演(横浜・新潟・宮城)という自分でもびっくりの参戦ぶり。入れば入るほど濱田担を拗らせているので若干自分でも気持ち悪い。が後悔はしていない。


というように、担降りして半年の中で結構な変化があった。最高に楽しい半年だった。これからまだまだ初めて体験することが沢山あるとおもうが、30前にはジャニオタから足を洗いたいので、それまで充分にこのオタク人生を楽しみたいと思う。