読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

keep on 無我夢中

青春時代をジャニーズと共に過ごし今も抜け出せずにいる

初めてのコンサート、そしてジャニオタの始まり

お題「初めて○○のコンサートに行った日」

流行りに乗りたいオタク。めちゃくちゃ書きたいお題があったので、お借りしたいと思う。

初めてのコンサートといえば忘れもしない、2004年8月15日に宮城グランディ21で行われた嵐のいざっNowツアー。
小さい頃から母の影響でジャニーズが出ている番組は観ていた。そんな母はにのが好きで(現在も二宮担)、小さい頃特有の「お母さんが好きだから自分も好き!!」という感じでにのを応援していた。

そんな茶の間オタクにも初めてのコンサートの機会が与えられた。父の職場の方が嵐のファンクラブに入っており、ぜひコンサートに行かないか?と誘われたのだ。当時中学三年生だった私は悩みながらも母と共に行くことを決意した。それがジャニオタへの始まりだった…

初めてのコンサート、初めてのシャトルバス…オタクだらけのバスに投げ込まれた中学生の私は終始ドキドキしていた。会場に着いたらひとまずペンライトを購入し、入場。スタンド5列目くらいだったのかな?(今考えると良席だった)
始まった途端世界が変わった。目の前にテレビで観ていた人達が踊ってる…!!にのとリーダーの声高い!?翔くんってこんなにかっこよかったっけ!?!?(思春期真っ盛りの私は棒立ちで見つめていた)
Dの嵐プレゼンツだったので、くだらなさとかっこよさが凝縮されていたコンサート。JAMで始まるオープニングも、茶色のスーツでゲラゲラ笑うメンバーも最高だった。

そして忘れもしない。アンコール時に外周を回る松本潤。途中で退場しなければならなかった私に笑顔でてを振ってくれた(思い込み)。当時は何も思わなかったが、今考えると恐れ多い。


そこからは転げ落ちるように嵐が好きになり、見事ジャニオタの出来上がり。そこから数年後に関ジャニ∞、NEWSとさらにオタクを加速していく。
今では嵐から降りてしまったが、このコンサートが初めての現場でよかった…と今でも心から思っている。