keep on 無我夢中

青春時代をジャニーズと共に過ごし今も抜け出せずにいる

言葉の重みは凄いって話

ジャニヲタになって早十数年…初めてJr.を好きになり、そして初めてファンレターとやらを書いた。

ねぇ?Jr.の子たちってこんなにファンレターについて明言するもんなの!?!?ってSnow Manを好きになり、初めて知った。

これは書かねばならない…と意気込んで書いたジャニアイ前日。もはや何を書いたのかは覚えていないけど、必死で検索して必死で悩みに悩んで書いたことは覚えている。一緒に行った人に大爆笑されながら箱に入れた。

その後増員のことがあり、南座があり、入る公演の前に一枚、入ったあとに(二日間連続で入った)書いた。このときは衣装が素敵です!かっこよかったです!みたいなことを書いた気がする。舘様考案の衣装について書いた感想文みたいだった。

その都度印象に残った言葉や演目を踏まえて「こんなところが好きです」みたいなことをメインで書いてるんだけど。
毎回書くときに気を付けていることがあって。それが「出来る限り否定的な言葉はつかわない」ということ。


私事で恐縮だが、すの増員と同じくらいのタイミングで仕事の異動が決まって、メッセージカードをもらった。がんばれ!って言ってくれる人が大半だったけど、その中に唯一否定的な言葉を書いた人がいて。
その言葉の重さと言ったら!!!素敵なメッセージの中に一つ嫌な言葉があるだけで、そのもの自体を見たくなくなることってあるんだと実感した。


だからぜっっっっったいに推しを否定する言葉は書かないと心に決めたし、書くなら別な言葉にするか、それなりの責任をもって書こうと思ってる(何様だ)
ま!じ!で!言葉って凶器だからな!!!!!!

逆にいつも嬉しい言葉をくれるSnow Manには感謝しかないから!照くんの言葉はいつもすてきだなぁと思う。
だからこれからも貰って嬉しい手紙をモットーにこっそりファンレターを書き続けたいと思います。